話題のファイバープレックスを使用してブリーチオンカラー!!

業界注目ですね。特にハイトーンカラー、ブリーチを良くされる美容師さんはかなり衝撃的な商材なのではないでしょうか。


ファイバープレックスってなんなの?って話ですが、簡単に言うと髪の毛を強化して、ブリーチなどのカラーダメージを94%カットして、質感向上させるプロ用のトリートメントアイテムです。

これを使用することでブリーチしたり、Wカラーをしたり、することのハードルがグンとさがりますよね。
ヨーロッパなどでは常識的なアイテムなのですが薬事法の関係で今日本で解禁となりました。


そう。外国人のブロンドは実はほとんどブリーチしてます。元々ブロンドの方は少ないんですよ実は。
ブリーチするならファイバープレックスは当たり前。むしろ日本が遅すぎたって感じですよ。
「え?日本てファイバープレックスないの?」
みたいな...

日本てまだスマートフォンじゃなかったの?ぐらいの感覚です。

ま、さておき、使用していきます。
使い方は様々なんですが、基本的な使い方はまず1剤をブリーチ剤に5%混ぜるだけ。
もしくは水で薄めたものを髪に塗布していく使用方法ですね。

今回はワタクシ、事前に勉強していまして、4%を配合するという方法を取らせて頂きました。




まずファイバープレックスを混ぜることで、ブリーチが固くならず、塗布しやすいですね。そしてリフト力も4%にしましたのでブリーチ力が弱まった感はありませんでした。

そしてブリーチ後、洗い流したあと、2剤であるトリートメントを塗布し5分放置ご水洗です。

手触りいいし、なんか異国感漂う香り。いい匂いです。



そしてカラーオンなのですが、今回はせっかくですので、シュワルツコフピグサム-エフの新色を使いましょう。
ベージュ系が柔らかく綺麗だと評判のカラー剤です。ベージュ系は今年のイチオシカラーですからね。
今回はクールベージュです。



ファイバープレックスを使用することで、wカラーとは思えない手触りとツヤ感。


塩基性の色のノリもよし。
髪の状態も今後を見つつ、さらに研究したいと思います。


いやあハイトーン女子にすごい味方だと思うんだよなあ。
これ、いいかも。

0コメント

  • 1000 / 1000